FC2ブログ

12回目の収録

「俳句」の「合評鼎談」の12回目の収録が終わりました。

この1年の間、ボリュームのある仕事で大変でしたが、
小澤さん、関さんと俳句を読み合う時間は楽しく、充実したものでした。
収録のあとの浅酌(深酌かな?)の場も愉快でした。

実はあと1回、「俳句年鑑」用のまとめの鼎談を収録することになっています。
これが終われば、晴れて任を解かれます。


深酌

左から「俳句」編集長の立木さん、関さん、小澤さん
01 : 39 : 16 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<正誤表 | ホーム | 颱風一過>>
コメント
上町さん、
こんにちは。
読んでくださり、ありがとうございました。
来年のメンバー(まだ秘密)も面白そうなので、ぜひ!
関さんは、昨夜、終電を逃して、わが家に泊まりましたよ。
by: 村上鞆彦 * 2018/10/03 17:47 * URL [ 編集] | page top↑
お疲れ様でした「合評鼎談」
俳句「合評鼎談」・・・お疲れ様でした。
楽しく読ませていただきました。
へ~とか、ホンマかいなどと独り言を文字面に投げかけたりしつつの一年でした、勉強になりました。
関さんのイメージが少し変わりましたよ!私の中では「ワンランク昇格」(^0^)

「新走り」で疲れも取れたことでしょうね。

一期一会なんでしょうね、このメンバーでのお仕事がいつ又あるのかも・・・?でしょうか?

小澤寛さんの「名句の所以」を昨日、ジュンク堂に予約しました。
今は我が主宰の「芝不器男」100句鑑賞の本をじっくり読んでいます。

秋の夜長に良書と旨い酒で「わが良き友」を呼び、俳句をバンバン作りたいな~の秋の夕べのつぶやきでした。
by: 上町の女 * 2018/10/03 17:06 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanpuhaiku.blog.fc2.com/tb.php/362-7f1bc439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰(津川絵理子と共宰)・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (332)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR