FC2ブログ

往時茫々

先日、鷲谷七菜子先生の書いたものを読んでいると、
生家の思い出を記した一節が出てきました。
所在地の記述もあったので、
現在どのあたりに当たるのかを調べてみたら、
なんと箭の会で使っている大阪市中央区民センターのすぐ側であることに気づきました。
そこで早速、先日の箭の会の始まる前に訪ねてみました。


生家跡1

右側の一画が、その場所です。
「船場の南久宝寺町と博労町の境目で、
東横堀川に面していた」、とのこと。


生家跡2

逆のアングルから。左側が生家跡です。
かつてここに上方舞・楳茂都流家元の家があり、
稽古場からはいつも三味線の音が漏れていたんですね。


東横堀川

裏にまわります。
今は高速道路が覆いかぶさり、
護岸工事がされていますが、
東横堀川が流れています。
幼いころの先生が、
裏窓からこの川の流れを眺めたこともあったでしょう。
往時茫々。
01 : 06 : 31 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<陰陽師 | ホーム | 鷹?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanpuhaiku.blog.fc2.com/tb.php/315-462b3046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰(津川絵理子と共宰)・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (332)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR