倉敷の雪

岡山支部の新年句会、無事に終わりました。
この会では主宰が選評とは別に講話をするというのが恒例で、
今回も津川さんと僕と各40分ていど、
お話をさせていただきました。
(津川さんは「生きものたち」の俳句について、
僕は「芝不器男の人と作品」について)

僕はしゃべるのがあまり得意ではないので、
みなさん、たどたどしい思いをされたかもしれません。
会の途中、大粒の雪が降り出して、
窓ガラスを白くけぶらせました。
倉敷では珍しい降りようだとのことでした。

編集部では、ただいま3月号の校正中です。
01 : 45 : 55 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<また雪 | ホーム | 寒波>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanpuhaiku.blog.fc2.com/tb.php/311-cb953397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰(津川絵理子と共宰)・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (290)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR