FC2ブログ

噂に聞く……

今朝、出勤の準備をしていたときに、電話が鳴りました。

「わたくし、K報社と申します。先日、チズチツノキシ……」
「えっ?」
「チジツツノキシ……」
「ん?」
「あの……、お句集を拝読しまして」
「ああ、『遅日の岸』ですか」

そのあと、「感銘を受けた」とのことで、
ひとしきり過分なお褒めの言葉をいただきました。

きっと噂のあれだろうな、と思いながら聞いていると、
声が改まって、

「つきましては、新聞にカラーでお作品を掲載させていただきたく。
なお、記事ではなく広告ですので、費用をいくらかご負担いただくことになりますが……」

きたきた、やっぱりそうだ。
いよいよ話は本題に入ったわけです。
しかし、こちらは出勤時間。

「それなら、結構です」

とだけ言って、受話器を置きました。

費用と引き換えに新聞に載せてくれるということで、
悪質な詐欺などではなく、
それはそれで正当な商売と思います。

でも、本当に句集を読んで、「感銘を受けた」のなら、
句集名くらい、すらっと言えないと、ねぇ。
10 : 57 : 51 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<明日はメール句会のしめきりです | ホーム | 枯れの美>>
コメント
白玉蜜豆さん、
こんにちは。
ありますか、かかってきたことが。
こちらが恥ずかしくなるくらい褒めてきますね。
なんだか妙な気持ちでした。

by: 村上鞆彦 * 2017/12/18 11:14 * URL [ 編集] | page top↑
あるある。。。(^_^;)
私にもかかって来たことがあるんですよ。
かなり前で、俳句ではなく短歌でしたが。

そもそも私は村上先生のように句集を上梓して受賞したような人間ではありません。

どう考えても素人をからかってる、なめているとしか思えませんでした。

それにしても何故自宅の電話番号がわかったのか。。。

それだけは不思議でした(^_^;)
by: 白玉蜜豆 * 2017/12/17 14:28 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanpuhaiku.blog.fc2.com/tb.php/301-82a26fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰(津川絵理子と共宰)・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (332)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR