FC2ブログ

夏越の祓

今年もそろそろ折り返しを迎えようとしています。

旧暦の 6 月晦日には夏越の祓 (なごしのはらえ) が行われました。
新暦になっても東京では 6 月晦日に行うところが多く、
いま、準備の風景が見られます。

故郷・九州では 7 月末でした。
そのほうが 「夏越」 という語感に合っているように思いますが。


茅の輪

(神楽坂の赤城神社。茅の輪はまだ準備中で、くぐれません)

編集部は、ただいま 8 月号の校正期間です。
校正刷りを手分けして、皆で見ています。
01 : 59 : 19 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<会場変更 | ホーム | 7月号ができました>>
コメント
ふう子さん、
こんにちは。
青木さんのラジオ、
昨日は聴けなかったのです・・・、残念。
僕の句は、テキストの方に出ていましたが、
ラジオでも触れてくださったんですね。
ネットで、今度聴いてみます。

by: 村上鞆彦 * 2017/06/30 10:01 * URL [ 編集] | page top↑
Re: 狛犬
こんにちは。
現代的デザインのお宮なんです。
ちょっと変わっています。
by: 村上鞆彦 * 2017/06/30 09:58 * URL [ 編集] | page top↑
NHKラジオ第2📻📻
こんばんわ!
以前おっしゃっていた青木亮人さんの
「俳句の変革者たち」って難しい番組を
ふう子も聞きました。
全部は聞けず、途中からでしたが、
村上先生が「関西訛りが」・・・とか言われていたことを
思い出し、じっくり聞いていると「1970年」とかの
イントネーションが関西訛りっぽくてたまらなく好きです!

今夜は最終回ということで、ふう子の大好きな
プレバトも途中で消し、ラジオに切り替えたんだよ。

最後の方で先生の句が紹介されていたけど、
ふう子には難しいよ~。
「の」がたくさんあると言われていたし~。
季語も2つあるジャンとか・・ふう子は思ったよ!?
「枯山・雪の山」いいのかな?分からないなあ~。

若いのに「古風な俳人」と言われていたけど、そうなんですか?
でも、嬉しかったわ、先生が最終回で紹介され、ルンルン(^0^)
ふう子の書き込みより数分先に書き込んだ人がいて・・・
ちょっぴり残念だけど、きっとその方も、この番組を聞き終わってすぐに
投稿されたんでしょうね。
明日辺り、一杯書き込みがあるかも???

じゃんけんに負けたら、ふう子は何になりたいかな?



by: ふう子で~す * 2017/06/29 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
狛犬
 こんばんは。狛犬の高さが、茅の輪の高さを越えていることに驚きました!珍しい狛犬ですね
by: 海音 * 2017/06/29 21:04 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanpuhaiku.blog.fc2.com/tb.php/260-eb3053fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰(津川絵理子と共宰)・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (311)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR