FC2ブログ

いよいよ夏

三社祭


浅草の三社祭、今年は暑かったです。
神輿の担ぎ手も、見物客も汗、汗。
この祭が終わると、
東京もいよいよ夏だなぁという気分になります。

浅草から渋谷・円山町へ。
ネオンの艶やかな、ちょっと色っぽい町です (〃▽〃)
関悦史さんの出版記念会に参加してきました。
句集『花咲く機械状独身者たちの活造り』、
珍妙な題名の通り、中身も凄く、
多彩というか何でもありの1402句が収録されています。
驚愕し、困惑し、混乱しますが、
でもついつい読まされてしまって、読後にうっすらと “ 快感 ” さえ覚えます。
私は「こうであらねばならない」と自分で自分に縄をかけてしまうところがあるのですが、
その縄がしぜんと解かれてゆくような快感です。

パーティーのスピーチでどなたかが、
「俳句の多様性が大切」ということを言っていました。
たしかにその通り。
多様性ということを作者において言えば、
興味関心が常に多方面に開かれているということでしょう。
そうありたいですね。
とにもかくにも、刺激的で楽しいひとときでした。
00 : 36 : 21 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やまひ | ホーム | ラストスパート>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanpuhaiku.blog.fc2.com/tb.php/253-9a38be06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰(津川絵理子と共宰)・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (311)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR