FC2ブログ

三十三回忌特集号

3月号が刷り上がりました。
特集は「草堂先生三十三回忌」。

草堂直門のお三方(寺井治さん、高橋可子さん、瀬山一英さん)の随想は、
いずれも草堂先生の人となりや作品の魅力を伝えてくれます。必読です。

石井朋子さんの随想のなかに登場する「草堂自筆句帖」は、
一部を写真掲載しています。
この句帖、以前にもここで紹介しましたが、
たまたま私がヤフオクで見つけた樹実雄先生の遺品です。

そのほか、「草堂一句鑑賞」があり、
最光蝕さん評論や「競読」、扉裏の「南風の秀句」、「愛誦の一句」、「花梨堂日記」にも草堂先生が登場します。

3月号を読み、また草堂先生の句集に改めて目を通し、
3月25日比叡山での法要にご参集ください。

なお、草堂忌は3月3日、雛の日です。
この日は、星野立子の忌日でもあります。


東京は晴れていますが、強風が吹き荒れています。

春嵐足ゆびをみなひらくマリア 飯島晴子

中七以下の緊密で力強い言葉の感じ、こういう強さが欲しい・・・。
01 : 01 : 01 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<いきいきと生まれる3月 | ホーム | 目指せ? 結社賞>>
コメント
上町さん、
こんにちは。
じっくりと読んでくださり、ありがとうございます。
草堂先生を偲ぶ3月号、何とかまとめられて編集部としても一安心です。
3/25の法要も、滞りなく済むとよいですね。
よろしくお願いいたします!
by: 村上鞆彦 * 2017/02/27 10:32 * URL [ 編集] | page top↑
3月号 📖
こんにちわ。
今、我が庭の大阪城から帰宅しました(^0^)
梅の香りが天守閣の虎まで届いたようで、虎がのたうっていましたよ。

3月号はそれぞれの方が草堂先生を偲ばれての回顧文・・、引き込まれるように
読ませていただきました。圧巻でしたね。
良い企画、33回忌に相応しい華やかな随想や、両主宰の思いもひしひし感じられる文章が読み応えありました。

3月25日の比叡山大霊園での33回忌法要でも「草堂先生」への献句が集められるらしいですね。楽しみです!
琵琶湖の春が、草堂先生と共に待ってくれているようですね。

*竜天に強面草堂ほろりほろり
*山笑ふ自称俳諧やくざとふ
*草堂の眠る比叡山(ひえい)や春の風
*先生の墓に額づく花菜風
*春日差す先師の墓をさすりけり

*堅田には夕べに着きぬ蜆汁・・確か、山上先生の御句でしたね。
 山上先生の魂もキットきっと、草堂先生のお墓の周りに
 来られることでしょうね。

大いなる草堂先生に対して、いつもながらの駄句を並べてしまいましたが
大目に見てくださいね。私の献句ですから~。
by: 上町の女 * 2017/02/26 14:45 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanpuhaiku.blog.fc2.com/tb.php/231-ebf5766e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰(津川絵理子と共宰)・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (311)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR