FC2ブログ

送り仮名

編集部では、7月号のゲラを校正中です。

校正に関して、ひとつご紹介しておきます。
送り仮名のことです。

基本的に、投句作品については、
皆さんが葉書に書いてある通りの送り仮名を採用しています。
よほど妙なものは、こちらで直します。

文章については、
送り仮名は広辞苑の表記に従っています。
原稿と広辞苑とが異なっていたら、
広辞苑に合わせて原稿を訂正します。
ご承知おきください。

明後日、6月2日は、東京例会です。
いつもの下北沢のタウンホールにて、
13:00投句しめきり、5句出句。
多くの方のご参加をお待ちしております。
体験参加歓迎です。
11 : 55 : 27 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

令和の新鋭




編集部では、7月号の校正期間に入りました。

「俳句」6月号の「推薦! 令和の新鋭」は、
24の結社・同人誌から推薦された新鋭たち24人が一堂に作品を発表しています。
新作20句、代表作(旧作)25句、計45句も載るのは、破格の扱いでしょう。
わが南風からは、金城果音さんを推薦しました。
24人のなかでは、「澤」の柳元さんと共に金城さんが最年少で、
文字通りの「新鋭」です。
他の顔ぶれを見てみると、
「えっ、この人、新鋭?」と思ってしまう人もたくさん……。
南風が正真正銘の新鋭を推薦できたことに、
ちょっと鼻高の思いでおります。
みなさん、ぜひ読んでください。
06 : 21 : 17 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

メール句会の運営方法の変更

メール句会の参加者が60名に達しましたので、
このあたりで運営方法について、見直しを行います。


・投句 3句(現状のママ)
・選句 「特選1句(要選評)、並選3句」から、「特選1句(要選評)、並選4句」に変更。
・帯谷さんに加えて、もうひとり運営者を増やします。
 ひとりは、投句をまとめて清記一覧をつくり、
 もうひとりは、選句をまとめて結果一覧をつくります。
 よって、投句の提出先と、選句の提出先が別となります
 それぞれのメールアドレスは、帯谷さんより連絡があります。
点数集計は廃止します。
 点数が知りたい方は、結果一覧を見て自分で数えてください。
・令和元年6月のメール句会より実施します。


今後はこのように運営してゆきたいと思いますが、
肝心の、もうひとりの運営者が決まっていません。
どなたか、手伝ってくれる方はいませんか?
高度なパソコン操作は不要です。
エクセルを使ったことのある方ですと、話が早いです。
手伝ってもよいという方は、
帯谷さんか村上まで、ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
11 : 02 : 10 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

同人総会に官房長官!?

12日、令和元年度の同人総会が終わりました。
同日午後には、5月の中央例会を行い、
年度賞受賞者の表彰や懇親会も開催しました。

大阪は30度近い気温で暑い一日でしたが、
こちらも熱くなごやかな時間を過ごしました。
懇親会では、特別ゲストの赤川官房長官(?)が登場し、
新聞から切り抜いた「令和」の2文字を高々と両手で掲げられました。
年度賞受賞のみなさま、おめでとうございました。 


平成30年度年度賞受賞者

(賞品の色紙額を持った受賞者のみなさん(当日出席)。あと2方は、おやすみでした)



ところで、その日の朝、
泊まったホテルの前にある中大江公園(ビル街の公園です)で珍しい鳥を見ました。
体は黒で尾が異様に長く、目の周りが青い鳥。
もしやと思ってスマホで調べたら、
やっぱり三光鳥でした。
よく、大阪城の森に来ているというニュースを観ます。
この公園は、大阪城の近くですから、飛んできたのでしょうかね。
周りには、バードウォッチャーやカメラマンなどいません。
ひとりでじっくりとその姿と声とを味わいました。
本当に、ツキ、ヒ、ホシ、ホイホイホイ、と聴こえましたよ。
01 : 00 : 04 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

えごを待つ

この時期になると、
いつも北の丸公園にえごの花を見にゆきます。
今日行ってみましたが、まだ咲く気配がありません。
この公園で以前、〈こぼれつつえごは五月を送る花〉と詠みました。
五月の終り頃だったからです。

ところが近年は、えごの花が咲くのが早まっています。
「四月を送る花」と言ってもよいくらい。
もしや、今日見に行ってまだ気配がないと感じたのは誤りで、
もう散ってしまった? 
いやいや、そんなことはないと思いますが・・・。
緑の葉蔭に咲く清楚で白い花を今年も楽しみにしています。

日曜日は、中央例会です。
今回は、同人総会や懇親会とセットになっているため、
事前申し込みにて参加者を募りました。
すでに締め切っております。
参加のみなさん、よろしくお願いいたします。
17 : 44 : 46 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

端午の節句

桃太郎


連休も後半ですね。
編集部では、7月号の校正中です。

すこし早いですが、家族で初節句のお祝いをしました。
五月人形の桃太郎は、木目込み人形が趣味である母が作ってくれました。
わが家はマンション暮らしなので、大きな鎧兜を飾るところがありません。
これくらいがちょうどよいです。
柏餅と粽は、地元の商店街の和菓子屋で買ってきました。

5月5日は、東京例会です。
下北沢のタウンホールにて、13時投句しめきり、5句。
連休中ですが、みなさまのお越しをお待ちしております。
体験参加も歓迎です。
村上のメールまでご連絡ください。


ヒトツバタゴノハナ


これは今日、近所を散策していて出会った木の花。
なんだかわかりますか?
ヒトツバタゴの花、つまり “なんじゃもんじゃの花” です。


★☆年次大会は、11月10日に福岡・博多の八百治博多ホテルにて開催します!☆★
00 : 22 : 04 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (381)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR