FC2ブログ

草堂先生33回忌法要

3月25日、南風の創始者である山口草堂先生の33回忌法要を執り行いました。
先生の墓所は、比叡山大霊園にあり、
後ろには比良山系がそびえ、前には遠く琵琶湖が見えるという風光に恵まれています。
この日はよく晴れていましたが、まだ桜には早く、木の芽冷えという言葉がぴったりの気候で、
比良山系の頂には残雪が白くかがやいていました。

参列者は45名ほど。
亀山支部の20数名は、マイクロバスで駆けつけてくれました。
法要のあと、広大な霊園に迷いながら、やっとのことで先生の墓前に辿り着き、
それぞれの思いで静かに手を合わせました。

法要の後には、堅田の町に下りて、
琵琶湖畔の道の駅・米プラザで有志による句会を行いました。


草堂先生33回忌墓参



草堂先生墓所

草堂先生の墓所


木枯句碑

〈木枯を押しつゝむ大き湖明り 草堂〉 


七菜子先生生前墓

草堂先生の墓所の左隣に、七菜子先生の墓所があります。
ただし、七菜子先生はご存命ですので、これは生前墓です。
お父様である上方舞楳茂都流の三世家元・楳茂都陸平師と連名になっています。
お父様の方はすでにこの墓に祀られています。
昭和60年は、七菜子先生にとって大きな悲しみの年でした。
2月4日にお父様を、3月3日に草堂先生を亡くされたからです。
七菜子先生はどのようなお気持ちでここに墓を建てられたのでしょう。
あらためて師弟の絆、親子の絆の深さに思いが至ります。


残り鴨句碑

〈天空も水もまぼろし残り鴨 七菜子〉 

01 : 52 : 10 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

おめでとうございます

4月号がお手元に届きましたでしょうか。
今号では年度賞を発表しています。
南風賞は、秋葉とし子園田桂子吉田詮子の3氏、
新人賞は、北見鳩彦今野吉見上田和子の3氏です。
おめでとうございます!! 
選考過程や主宰、雪月集同人による推薦のことばを詳しく載せていますので、お読みください。

そのほかに、遅くなりましたが新年句会のレポートや、
いつもの特別作品、評論、随想などを掲載しています。

25日は、すでに告知してある通り、
山口草堂先生の33回忌法要比叡山の大霊園にて執り行います。
が咲いていればうれしいのですが、
比叡山はまだでしょうかね。
麓の堅田で句会を行いますが、
琵琶湖の桜はどうでしょう。
なんだかそわそわしてきました。
15 : 07 : 46 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

日光浴?

貸しボート


冬の間は閉鎖していた千鳥ヶ淵のボート乗り場が、
春を迎えて再開しました。
ずらずらとボートを並べているのは、
何のためでしょうね。
日に当てているのでしょうか?

私事ですが、
岩手県北上市の日本現代詩歌文学館で始まった「詩歌と音のプリズム」展に、
色紙を一枚出品しました。
音にちなんだ句を、ということで、
みづからの葉音の中の幹涼し〉の旧作を揮毫しました。

お近くに行かれた方は、覗いてみてください。

☆日本現代詩歌文学館のページはこちら☆
(ページを開いて、画面左側の「現在の展示案内」をクリック)
01 : 54 : 24 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

明日を担う…

俳句αあるふぁ4・5月号(毎日新聞出版)が発売になりました。
特集「明日を担う俳人たち」が面白いです。
昭和40年生まれ以降の俳人(78人)の代表句5句と作句信条、カラーの顔写真が掲載されています。

少し上の世代の方々、同世代の仲間(やはり安心します)、20代の若者たち(後生おそるべし!)、
作品を読み比べると、あらためて多彩さに気づかされます。

それぞれの写真を眺めるのも楽しいです。
高柳氏と紗希ちゃん、背景が一緒! とか。
こいつ、何年も前からこの写真ばっかりだな、とか。

あと、こういう企画はやはり関東寄りになってしまうのでしょうかね。
(全員の住所を調べたわけではありませんが、ぱっと見た目の印象)
それから、「炎環」の人が多い。
(まあ、これは仕方ないか)

津川主宰と村上も出稿しています。
書店でお手に取ってみてください。
01 : 24 : 02 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

日曜日は中央例会

白木蓮


啓蟄も過ぎて、次第に暖かくなってきました。
白木蓮も、辛夷も、咲き始めています。

編集部では、4月号が校了となりました。
8月号の原稿依頼も済ませました。
なかなかの優良進行と自負しています。

日曜日は、中央例会です。
いつもの天満橋・エルおおさかにて、13:00より、3句出句。
皆さんのお越しをお待ちしています。
01 : 39 : 56 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

俳誌要覧2017

俳句四季」を出している東京四季出版より、
俳誌要覧」が刊行されました。
KADOKAWAの「俳句年鑑」と同じ趣旨のものです。
詳細は下記をクリック。

☆東京四季出版のページ☆

このなかの「鼎談 俳誌回顧2016」で、
メンバー3人のうち、今井聖さん高田正子さんが、
注目する結社誌」に「南風」を採り上げてくださいました!
やはり「2人主宰」というのは目につくのでしょうね。
大変かもしれないが頑張れ、というエールもいただきました。
有難いことです。

そのほかにも、いろいろと読みどころが多く、
執筆者が比較的若い世代であるところに、
編集部の企図がうかがわれます。
この手の企画の執筆者は、
たいていベテランが多いのですが。

ちなみに、「年代別自選句」には、
津川主宰、村上、今泉礼奈さん自選3句を寄稿しています。
「南風」の紹介ページもあり、
2016年の動向や風花集・南風集の巻頭句など載せています。
01 : 35 : 30 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

片山由美子さんの講演

俳人協会の春季俳句講座で、
片山由美子さんが鷲谷七菜子について講演をされます。
片山さんは鷹羽狩行さんに師事されていますが、
鷲谷七菜子にも憧れているということを公言されています。
片山さんがインタビュアーとして鷲谷七菜子に話を聞いたことがきっかけで、ファンになったとか。
先年、『鷲谷七菜子全句集』が刊行された折には、
依頼して書評を書いていただいたこともありました。

ぜひ聴きにいきたいところですが、
私はサラリーマンのため、平日の昼間は都合がつきません。
南風からひとりでも聴きにいってほしいと思います。
詳細は下記を参照ください。

☆こちらをクリック☆
01 : 01 : 01 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

賑やかに、津川主宰を迎えて

津川主宰を迎えての東京例会
無事に終了しました。
久しぶりに参加された方や、
新入会の方、見学参加者など含めて、
30人を超える会になりました。
東京例会で30人を超えるのは、
鷲谷先生の時代以来のこと。
選句や披講に時間がかかって、
進行が押し気味になりましたが、
活気のある会で嬉しかったです。

句会後は、下北沢の町にくりだして、懇親会
うっかり写真を撮るのを忘れてしまい・・・。
代わりに、その日の午前中に散歩した代々木公園のミモザを。

ミモザ
01 : 37 : 28 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

33回忌

今日は先師・山口草堂先生33回忌のご命日です。
“荒草堂”と呼ばれた方の命日が、雛の日であることに、
不思議な因縁を覚えます。
先生のような愚直で雄勁な作風の俳人は、
今ではもう見かけなくなりました。
いちどその謦咳に接してみたかったです。

今日の東京はあたたかで、
公園の林には、犬ふぐりたんぽぽ諸葛菜などの花がちらほらと咲き始めました。
穏やかな草堂忌となりました。

日曜日は、東京例会です。
津川主宰も出席されますので、みなさまよろしくご参集ください。
13:00下北沢のタウンホールです。
01 : 01 : 29 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

いきいきと生まれる3月

3月になりました。
早いものです。
お屠蘇をいただいたのがついこの間のことのように思えます。

いま編集部は、4月号の校正期間です。
年度賞の発表記事があるので、
やや分量も多めです。


菫

千鳥ヶ淵のほとりに、スミレが咲いていました。
光線の加減で、正面から写そうとすると蔭になってしまうので、
横向きです。

手にありし菫の花のいつかなし  松本たかし

この句が好きなので、
手に摘んでみようかと思いましたが、
やめておきました。
01 : 01 : 01 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (381)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR