FC2ブログ

句会のおしらせ

8月号がお手元に届いたことと思います。
今週末か来週のはじめには、
投句を投函してください。
二重投句を避けるために、
必ず控えを取ることをお忘れなく。

さて、日曜日は東京例会です。
いつものとおり、下北沢で13時開会。
暑さに気をつけつつ、お越しください。

また、その日は、
僕の◯◯◯でもあります。
別に他意はありませんが、
大きな鞄をもってゆこうと思います。
本当に他意はありません(笑)

00 : 30 : 33 | おしらせ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑

後生おそるべし

土曜日、開成高校の俳句部の句会に、
招かれて参加しました。
俳句甲子園での開成の活躍ぶりは、
もうみなさんご存じですね。
作品の技量はもちろん、
ディベートも理路整然として、
つけ入るすきを持たない彼らです。

句会では、佐藤郁良顧問が厳しい指導ぶりを見せ、
参加したOB等からも忌憚のない意見が出て、
濃密な時間をすごしました。

もともと超優秀な彼らが、
これだけがんばるんですから、
毎年の甲子園優勝も当然です。
ゲストのこちらが、勉強させてもらいました。

開成
(開成高校の中庭の夕暮れ)
14 : 47 : 28 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

暑い、暑い

暑中お見舞を申し上げます。
とにかくこちらは暑いです。
今日は35度を超えるとか…。

8月号ができました。
今回は、俳句深耕を2篇掲載しています。
佐野さんと北見さん、ありがとうございます。
評論をもっと載せたいです。
みなさん、果敢に書いてみてください。

それから今回は特別企画として、
暑中見舞広告も掲載しました。
夏を詠んだ佳句が並んでいます。

今月は中央例会が夏休みのため、
大阪の皆さんにお会いできませんが、
お体を大切に夏を乗り切ってください。

08 : 41 : 56 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

海を見に

「海の日」ということで、
海を見に行きました。
葛西臨海公園です。
浜辺でこういう珍しい花を見かけました。

はまぼう 1

「はまぼう(黄槿)」というそうです。
漢字表記の通り、黄色い木槿といった趣。
たくさん咲いていました。

はまぼう 2

飛行機雲の青空を背景に、黄色が映えます。
梅雨も明けて、いよいよ本格的な夏!
今年は暑くなるようですが、
その暑さを楽しみたいと思います。
10 : 09 : 27 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

“再会”

ネットをあれこれと探っていたら、大学時代の友人のブログに行き当たった。
彼とは書道サークルで一緒だった。
夏休みに、大分の我が家に遊びに来たこともある。
卒業後は、会う機会もなく、次第に縁遠くなっていった。
それをいつも残念に思っていた。

ブログを見ると、彼はいま若手の書家として活躍しているようだ。
NHKの時代劇で、「手の吹き替え」も担当しているとのこと。
たとえば、登場人物が手紙を書くシーン、
筆を持ち、流麗に文字をしたためる手もとが大写しになる。
その手を演じるのが、「手の吹き替え」だ。
なんと黒田官兵衛の手は、彼の手だったという。
吉田松蔭の手も。
すごい!

昔の友人が活躍していること知って、
こちらも励まされて、やる気が出てきた。
さあ明日から三連休、俳句を作るぞ!


10 : 27 : 33 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

中央例会、おつかれさまでした。
新しく参加された方、見学の方が加わり、楽しい会となりました。
暑い一日でしたが、東京に戻ってみると、こちらも暑い!
一気に夏本番を迎えた感じです。

浅草寺をのぞいてみたら、本堂に施餓鬼棚が設えてありました。
ちょうど今は、盆供養の時期です。
東京は7月に行います。

施餓鬼棚
12 : 16 : 08 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

つのだせ、やりだせ

練馬の石神井(しゃくじい)公園を吟行してきました。
雨に濡れた草木の緑がきれいでした。
久しぶりにかたつむりも見ることができました。
ゆっくりと幹をのぼる姿を、まじまじと観察しました。

今週末の11日は、箭の会です。
会場はいつもとは違って、新大阪駅近くのKOKOPLAZA。
13:00、5句出句。
どなたでもぞうぞ。

12日は、中央例会です。
いつもの天満橋。
13:00、3句出句。
どなたでもぞうぞ。

きのぼりかたつむり
11 : 41 : 34 | 編集部日乗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

村上鞆彦

Author:村上鞆彦
南風俳句会主宰・編集長。1979年、大分県宇佐市生まれ。現在、東京・葛飾区在住。句集『遅日の岸』(第39回俳人協会新人賞受賞)。

★☆随時、会員募集中☆★
「南風」の見本誌請求(1冊500円 +送料)、お問い合わせ、村上へのご連絡は、hayatomo_seto@yahoo.co.jpまで。

最 新 記 事

カ テ ゴ リ

南風俳句会について (5)
編集部日乗 (381)
おしらせ (22)
未分類 (1)
おくのほそ道 (19)

月 別 記 事

最新コメント

閲 覧 者 数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR